ホーム » simカードの差し替え » simカード差し替え節約技|タブレットを買ってガラケーを安く使う

simカード差し替え節約技|タブレットを買ってガラケーを安く使う

ドコモのガラケー(普通の携帯電話)をパケ放題を付けて
使用している方、具体的に言うと下記のような月の料金の方・・

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
基本料980円
+パケット定額4410円
+iモード315円
=月5705円(+通話料金など)
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


こんなドコモユーザの方が、「ほぼノーリスク」「制限なし」に
月4140円!

と、お安く運用できるようになる方法を、ひとつご紹介致します(^∀^)ノ

20120819_175402_1.jpg

上記は、土浦コミュニティプラザ(茨城県)で売っていた
「機種変更」で、2万円キャッシュバックまたは
本体2万円引きになる、本体3万240円の「Sony Tablet P 」です


つまり約1万円で買えてしまうタブレットです(^_^)


1万円で買えますが、ヤフオクなどでなら、今チェックしてみたところ
「Sony Tablet P 」は2万5000円程度で売れるようです(^∀^)


ご紹介するのは、上記のような条件のFOMA端末を
見つけることができれば可能、という方法ですが
都内などでは、茨城よりよっぽど安く売っている傾向があるので
これよりいい条件で見つかることも、かなりあるのではと思います


まずは、手順をざっくりとご説明します☆

はじめに、今ドコモのガラケーを使用している方が
この「Sony Tablet S 」に1万円で機種変更します


☆機種変更なので、手数料などは一切かからないです
☆後述しますが、メールアドレスも変わりません
☆もちろん、電話番号も今まで通りです♪(^_^)



そして、


「Sony Tablet P 」のSIMカードをお使いの携帯電話に差し替えて


今まで通り使うことができます
それで何が変わるのかといいますと、「Sony Tablet P 」の


月々サポート1260円の分だけ、月の料金が安くなるんです!(^ω^)


「Sony Tablet P」のままお使いになると
パケット定額の料金がいくつか種類はありますが
月2500円~5985円といった
とてもお高いパケット料金がかかってしまいます


ですが、普通の携帯電話にSIMカードを差し替えて
(後述しますが、音声プランへの変更も必要)
iモードだけで運用するのであれば
パケ・ホーダイ ダブル2の料金が
月2100円~4410円で運用できるようになるんですね・・


通常、パケ・ホーダイ ダブル2は
月2100円~5985円ですが


iモードのみでの運用であれば、パケット上限4410円ですむのです


それに加えて、「Sony Tablet P 」の月々サポート1260円が効くので
今お使いの携帯が、月840円~3150円のパケット代で運用できるようになります
iモード315円と、基本料980円などを加えても、


月4445円ですね!(^ω^)


さらに、基本料780円のメールし放題のプランであればもっと安いですし
さらにさらに、紙の明細書が要らなければeビリングを申し込んで105円引き


ドコモ携帯がパケットし放題で、
月4140円で運用できますね!(^∀^)ノ



さらに、2万5000円で売れるタブレットが
1万円で手に入ってしまうわけです!



唯一のデメリットとしては、
下限が390円からのパケット定額と比べると
840円に上がってしまうことです


いつも、パケットが上限に達しているには大きな節約になりますが
下限に抑えることが多い方には、やや料金が増えてしまいます

以下から、契約のもっと細かい部分などの説明です☆



●メールアドレスを変えないために

「Sony Tablet S 」へ機種変更の際、
何も言わずにいると、今お使いのiモードがなくなり
SPモードのみに変わってしまうと思います


それでも、メールアドレス自体は今までと変わらないのですが
次にiモードを再び加えるときに
SPモードをなくして、取り替える形でないと
iモードのメールアドレスを変えずに維持できません


iモードを付けくけ加えて、SPモードと両方となると、
新たに加わったiモードのメールアドレスが
英数字のランダムのものになってしまうのです


なので、「Sony Tablet S 」の購入手続きの時から
iモードはそのまま残して、SPモードを加えるという形で
契約手続きをするのがいいかと思います
その場合、SPモードのメールアドレスは、英数字ランダムになります



●FOMAのデータプランから音声プランへの変更

タブレットに機種変更するとプランが強制的に一度、
データ通信専用のプランになってしまうと思います


普通の携帯電話にSIMカードを差し替えて使うには
音声プランに戻さなくてはなりませんね



この変更は、普通に可能です
手続きの事務手数料などもかかりません
(ただ、無料なのは月に2回までで、
3回目からは1050円必要だそうです)


あと、ちょっと未確認ではなるのですが
おそらく、パケット代が重複してかかってしまうと思われます
月々サポート適用のためには、最低限
パケットが2500円~5985円のダブル定額にする必要があります


購入して、即、音声プランにすると、
2500円がよけいにかかってはしまうかと思います
もし、指定オプションでアプリをいくつも入れるようなことになると
上限に達してしまうことも、なきにしもあらずなので注意です



●SIMカードの差し替えについて

ドコモのSIMカードは、普通のSIMと、microSIMの2種類があります
「Sony Tablet S 」は普通のSIMカードのようです
ガラケーのほとんどの機種は、普通のSIMカードなので
そのまま差し替えられます


ただ、最新のガラケーだと、mcroSIMもいくつかあります
その場合は、そのままでは差し替えられないので
2100円でドコモショップでSIM交換してもらうといいです
アダプターも数百円で売っているのですが、
壊れても保証がないので、それを許容できる方のみですね
«スポンサーリンク»



関連記事

コメント一覧

コメントを投稿する

サイト管理者にのみ通知する

最新の投稿(^ω^)

Return to page top