ホーム » 未分類 » ソフトバンクは日本人をバカにしている!?犬のお父さんCMに隠された意味

ソフトバンクは日本人をバカにしている!?犬のお父さんCMに隠された意味

ソフトバンクの犬のお父さんが出てくる
お馴染みのCMがありますよね?


お父さんがなぜかしゃべる犬という
意味の分からない設定がおかしくて
以前はぼくも楽しく見ていたCMなのですが・・


あのソフトバンクの犬のCMには
韓国の方にだけ意味が分かる
日本人を侮辱する隠れたメッセージがある!



とのもっぱらの噂なのです
どういう事かと言いますと・・


●上戸彩=日本人=犬の子供=韓国語で「このクソ野郎」

韓国では「このクソ野郎!」とかって人をののしるようなときに
「犬の子供」という意味の「ケッセキ」という言葉を
使うそうなのですね


あのCMでは犬のお父さんの子供は
日本人である上戸彩さんですよね。ですので、
あのCMは暗に日本人を侮辱しているんだ
という見解です


それだけだと、たまたまなんじゃないかな?という気もしますが
さらに、もうひとつの侮辱があるようです


犬のお父さんの名前は「白戸次郎」
と設定されているのですが、
日本の終戦前後の偉人で「白洲次郎」
という方がいたそうなのです



その白洲次郎という方は
在日朝鮮人を全員本国に帰国させようとしていた方だそうで
孫正義さんをはじめとした在日朝鮮人の方々にとって
とても嫌っている日本人なのだということです


これが偶然でないのは

・白洲次郎さんの奥さんが「白洲正子」さん
・犬のお父さんの奥さんも「白洲マサコ」さん


という事実で決定的なのだなとぼくは感じました


●なにゆえソフトバンクは日本人をバカにしたCMを流すのか?

在日韓国人の方々による反日活動の一環
といった見方が普通だと思います


この反日活動どうちゃらといったあたりは
このブログの内容とかけ離れてしまうので割愛しますが、


ただ、この今日本国内で行われている反日活動というのは
日本人の多くに気づかれていないことが一番の強みだと思うのです


そう考えると、このソフトバンクのCMはあまりに露骨で
反日活動のマイナスになる部分が強くて
なんのメリットがあるのだろうか?というのが少し疑問なのです


僕個人の見解なのですが、
このCMは基本的に韓国人にしか意味が分からないということを考えても
日本人に対しての侮辱のメッセージというよりも
在日韓国人の同志たちへ向けて応援メッセージなのかな?
なんていう風にも思いました


「日本人はこんなに露骨に侮辱されても気付かない、アホの集まりだ」
「こんなバカで能天気な奴らは簡単に騙して攻略できるぞ」


みたいな感じの在日韓国人の方々へのメッセージなのであって
反日活動のモチベーションをアップさせるのが目的なのかなあ?
という風に考察してみたりしました
まあ、どちらにしても気分の良いものではないですね(-_-;)
«スポンサーリンク»



関連記事

コメント一覧

コメントを投稿する

サイト管理者にのみ通知する

最新の投稿(^ω^)

Return to page top