ホーム » CH-AND500レビュー » CH-AND500 国産最安Androidタブレットのスペックってどうなの?

CH-AND500 国産最安Androidタブレットのスペックってどうなの?

定価8,980円の激安なタブレットが発売されたそうです。
CH-AND500という5インチのタブレットです。
しかも、少し検索してみたところ、
アスキーストアでは、さらに割引の7,980円で販売されています。

(追記:さらに値引きされて、6980円で売られていたりします)

iphoneやipadが4万、5万円の価格なのに対して、
この安さはあまりにすごいですね(;^_^A


その仕様は、さすがに最低限のものしかないといという話なのですが、
細かいところを観ていきましょう。


■OSはアンドロイド2.2
いいのではないでしょうか。

■Wi-Fiは、802.11b/g
nに対応していないので、ネットが遅くなりそうですね。

■CPUは、VIA WM8650 800MHz  
800MHzというのは、普通のパソコンの2ギガヘルツくらいあるのと比べると弱そうですね。

■microSD/SDHC対応
最大8ギガまで対応しているそうです。素晴らしいです。

■アプリはアンドロイドマーケット対応
アンドロイドマーケットは使ったことがないのですが、
アンドロイドのスマートフォンと同様ということでいいのでしょうか。


どのくらい快適に使えるのかは、使ってみないと分からないところですが、
この値段なら、ためしに買ってみようという気になりますね。
もしかしたら近々買ってみるかもしれません。

追記
本当に買いました!実際に買ったレビュー一覧はこちらです(^∀^)ノ
«スポンサーリンク»



関連記事

最新の投稿(^ω^)

Return to page top